科学は日々進化する、ラジコンも然り。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダクトフアンHIGH-END TECHNOLOGYのHET6904の推力を測定した、今回の測定Deviceはコーヒーの空缶製。
 前回の測定値に比較して圧倒的に向上
参考に前回の測定値を述べると
モーター Hyperion Y22L KV 2780 インナードライブ
フアン  アンプ      電池        放電    電流   電圧      推力
64ミリ   40A  3セル 1300mA   25C    10.8A   10.7V     116g
 極端に推力が出ない、モーターは所定の能力が出てない(負荷が少ない巻線抵抗値 0.4Ω各 端子間)これらのデータからフアンの構造が負荷抵抗値の少ない原因か?

今回の測定値  
モーター BL2836 3800KV     
フアン  アンプ     電池        放電    電流    電 圧      推力
 68ミリ  40A  3セル 2200mA  25C    38A    11.0V       640g
推力 640gこれならモグラで飛ぶだろう。
      (注) 飛行重量  機体 680g 電池 180g 計 860g
  

DSCF3004.jpg
スポンサーサイト

【2009/09/30 12:54】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
hikunin
そうですねpokeyさん、
これ以上穴を開ければ強度が無くなるかな?

No title
pokey
先日はお疲れ様でした。
僕は違った角度から・・・
穴あけ缶の吸気抵抗を考えると実際に搭載するよりも多いと思われます。
よって搭載すればもう少し推力UPが期待できそうな感じかな?
(⌒▽⌒)

No title
hikunin
 コメント有難う御座います、
このデータにはTOKUさんからも貴重な評価をもらっています。

No title
____Ш⊂И____
こんにちは
この手のデータは大変参考になります。有難うございます。

このデータから見るとこのモーターは4セル用かもしれませんね。 でも4セルだと電流がかなり増えそうで怖いですね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。