科学は日々進化する、ラジコンも然り。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 無尾翼機進化の計画 Ⅱとして進化なし、なぜならばラジコン製作の出来ない環境に居るので、帰宅するまで現状で出来る範囲の作業として予定機のキャノピーを作った、  キャノピー本体は機種名は不明だがパーツとして販売されていたものを利用、紙粘度でパイロットを作った、コックピットは複座なので戦闘機らしくないが一応そのまま利用する。  一応自分なりに解釈すると、多機能機で戦闘、攻撃、偵察機となる、この機の実戦配置は数機の戦闘機の護衛が必要だな? あくまでも私のオリジナル機になりそう。 画像 120画像 119 "/>
スポンサーサイト

【2010/01/26 10:24】 | 未分類
トラックバック(0) |

Re: No title
hikunin
> 爺様さん、 有難うございます。
> そうですか、カナードを可動にするとUP,Downが極端になる、私の想像とは逆ですね(初めてのカナード機では翼面積が小さく動翼も小さかった?のか上下の運動が悪く?放牧の牛の中に墜落、その後翼面積と動翼部も大きくした機体まだ結果のフライトしてない(2年ぐらい飛ばしてない)サーボのMixingは今取説を読んで勉強中、ヘリは未経験なのでジャイロのノウハウはなし。
>
>

No title
爺様
hikuninさん、こんにちは!
私の経験ではカナードが有ると頭の上げ下げが極端になる傾向がみられますのでジャイロを入れて自動補正させています、それとエルボン仕様でエレベーターから予備チャンネルにMixをかけてジャイロを通してカナード用サーボを動かしています(送信機しだいですが)。ジャイロはヘリをやっているのでヘリ用を使っています。

No title
hikunin
M田 さん、 コメントさんくゆう
紙粘土はダイソーで100円 絵の具は孫の中学時代のもの


No title
M田
                    
 平野さん さすがですね!

コクピットの造りといい又パイロットのフィギュアといい

紙粘土のパイロット最高です!

紙粘土だから軽量で材料費も安い。



No title
hikunin
爺様 さん、 コメント有難うございます、カードにはエレベータは付けるつもりですが機体を作りながら考えます、カナードが有ると無尾翼機のようなエレボンではエレベターの効きが悪いかな?、だとするとカナードにELEV付ける方がいい?、するとサーボが必要になってくるので、フラッペロンにしないと?(私の知識ではこの辺)ジャイロ搭載はまったく知識がない(指導してください)

No title
爺様
hikuninさん、こんにちは!
コクピットができましたか、本体の製作が出来ないのが残念ですね、今年は移動が早くなってしまいそうな気配かな?
カナード可動式ですか?もしそうならジャイロ搭載をお勧めします、かなり有効ですよ。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。