科学は日々進化する、ラジコンも然り。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや、惨事の手前(?)かなり古い信頼の使難いバッテリーをテスト的に充電をしてみた、用心のためガラスの蓋付きケースに入れ充電を始めたがウッカリ忘却、他用後思い出して確認すると完全に燃焼,ガラスケースに入れてなかったら大惨事、くれぐれも怪しげなバッテリーは充電しないこと、近頃のリポは非常に進歩して過っての様な事故は皆無になって来たがやはり用心に越したことは無い。

rajicon2 319
スポンサーサイト

【2011/01/19 22:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
 主翼はバルサリブに2ミリのスチレンをプランク、カーボン2ミリΦのカンザシを入れておく、 スパーは2X4ミリ檜、左右別々に作り胴体の中で左右のカンザシを接続(後刻この作業はちょっとした苦労とアイデアが要った)。 CIMG0383.jpg CIMG0382.jpg

【2011/01/11 00:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
 久しぶりに更新記事を書く、なんと何ヶ月更新しなかったのだろうか?。
結構忙しくて(原因は只、行動がのろくて仕事がはかどらなのいだろう)

機体は何とか形になったが何となく不体裁だカナードの形が悪い、最初エレベータを付けたが不具合なのでエレベータは無しに変更、それにしてもカナードの体裁と機体全体のMake upをしなければ披露出来ない、より肝心なのは飛ぶ事が先決(重心が何処になるか?も)。

 機体名は原型の実機"ビゲン"から大きく変化したので、オリジナル名を考えなければ.

CIMG0449.jpg

製作に当たっての過程を述べてみよう、まずデザインの選定はスウェーデンの戦闘機”ビゲン”を図面化してみた。
       オリジナル復元機                      図面化 サイズ

ビゲン戦闘機無題

この寸法で目的の仕様は、EDFユニット70Φ、リポ3セルで比較的低スピードで飛ばしたい、従って翼厚は厚めにする。



【2011/01/04 09:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。