科学は日々進化する、ラジコンも然り。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 EDFフアンはこのところ日増しに大型化されて行くようだ、機体が大型化してきて、数年前までは高価で手が出なかったアンプや電池がかなり入手し易くなったこともある?  今回の推力測定でも電池を使わず手もちのスイッチング式安定化電源(以前オーディオ機器の実験用に使っていたMax15V 17Aでは電流が足らず大きな安定化電源有ったらナーと思うようになった。5年ほど前までは持っていた30v 50Aの安定化電源今思うと手離さなかったらなと思う(新潟の知人にやった、あまりにも大型で重い10Kgぐらいあった。  この電源が有ったら大電流のモーターの測定も時間を気にしないで実験できる、一つ自作するか? (In 100V Out DC25V 50Aぐらいのもの、でも金が掛かるなースイッチング電源はトランス、アナログ電圧、電流計が高価だ)  そーだ、自動車用の鉛バッテリーがいい、これなら40~50Aなら安く手に入る、24Vなら2個直列にすればOKこれなら1万数千円で入手可能かな?。                                                      追記 大変なことを忘れていた、バテッリーの電圧は変圧する事が出来ない{やって出来ない事はないが大変な労力と経費が掛かる}。     
スポンサーサイト

【2009/10/02 23:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。