科学は日々進化する、ラジコンも然り。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ラジコンは製作もフライトも出来ない環境から製作の出切る環境なった、その前に帰省草々阿蘇のRCラジコンショーニ行った参加者は例年より多いと言う、従ってフライトは一人/一回になったとの事、mode2さんの迫力あるF22は
2度も3度も見たかった。

 いつも大観峰へは北九州からは英彦山の下を通って日田杖立温泉を横目に小国阿蘇へと九州の真ん中を縦に阿蘇まで来る、高速代はかからないが時間がかかる、高速が安く行けるので今回は植木ICから菊池渓谷を通り阿蘇へ、渓谷の緑が素晴らしい。

 前日の午後我が家を出て植木ICからさほど遠くない七城温泉の日帰り温泉に行く、ここは翌朝の7時まで入浴が出来入浴料300円安い、浴槽設備は多種多様で広く素晴らしいものだ、早速入って1000円の夕食を食う1度仮眠をして再度入浴後車のなかで寝る、今夜の宿泊料は1600円なり、夜明け前に目が覚めまた温泉へ、明るくなるのを待って菊池渓谷を大観峰へ。

 途中渓谷のひらけた処から右下に内牧温泉が見える昨夜今回のショーの役員、参加者が宿泊前夜祭をやった処だ。

ショー当日の詳細画像は”ごくらくとんぼさん”が素晴らしい画像を大量にアップされましたので、私の拙い画像はここにアップするのは恥ずかしいのでヤーメた。

菊池渓谷を大観峰へ

rajicon2 085
大観峰の近く渓谷の開けたとき眼下に内牧温泉
rajicon2 108
スポンサーサイト

【2010/05/11 20:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。