科学は日々進化する、ラジコンも然り。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 久しぶりに更新記事を書く、なんと何ヶ月更新しなかったのだろうか?。
結構忙しくて(原因は只、行動がのろくて仕事がはかどらなのいだろう)

機体は何とか形になったが何となく不体裁だカナードの形が悪い、最初エレベータを付けたが不具合なのでエレベータは無しに変更、それにしてもカナードの体裁と機体全体のMake upをしなければ披露出来ない、より肝心なのは飛ぶ事が先決(重心が何処になるか?も)。

 機体名は原型の実機"ビゲン"から大きく変化したので、オリジナル名を考えなければ.

CIMG0449.jpg

製作に当たっての過程を述べてみよう、まずデザインの選定はスウェーデンの戦闘機”ビゲン”を図面化してみた。
       オリジナル復元機                      図面化 サイズ

ビゲン戦闘機無題

この寸法で目的の仕様は、EDFユニット70Φ、リポ3セルで比較的低スピードで飛ばしたい、従って翼厚は厚めにする。


スポンサーサイト

【2011/01/04 09:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。